バントという作戦の成功率

「セットポジション」には、04年9月に作成した「送りバントの成功率」というページがあります。当時の私はしっかりGoogle検索をかけています。
「バント成功率」をWeb上で検索すれば100件以上、「犠打成功率」なら400件以上ヒットする(04/09/06現在、Googleによる検索結果)
「バント成功率」を今Google検索してみたら、119,000件になります。「犠打成功率」は今では52,200件です。「バント企図数」なら14,700件、「犠打企図数」では3,530件に減ります。さらに絞り込んで、「"バント企図数"」とすると113件、「"犠打企図数"」は242件です。

もっと検索条件を厳しくして「"バント企図数とは"」、「"犠打企図数とは"」とすると、「一致はありません」になります。この10年間でネットの海は飛躍的に広がってはいますが、それに比例して深まったとは言えないのかもしれません。

成功率算出の基礎となる分子と分母の定義は今回も見つけることはできませんでした。今回、ページ中のデッドリンクは処理しましたが、残念ながら新たなリンク先はありません。

コメント

このブログの人気の投稿

オランダ揚げとは

暴力団抗争マップ

代打がそのまま守備につくときの場内アナウンス