代打がそのまま守備につくときの場内アナウンス

「場内アナウンスの妙」のページからリンクしていた「場内アナウンスボランティア募集」のサイトが昨年5月「E-Joy!野球場内アナウンス」にサイト名を変え、URLも変更されています(頁末リンク1)。メールフォームからご連絡を頂いたのは昨年のことですが、私は返信していません。

それどころか、そのメールを見たのが今年に入ってからです。というわけで、リンク修正のために「場内アナウンスの妙」のページを優先的に再稼働対応させました。大変失礼しました。

さて、2代目「んだ」からの移記です。
posted by 【返】ワトソン君 | 2007/09/07 7:47 AM |
次のようなメールを頂戴しました。
-----
一つだけ教えてください。
代打・代走が守備に入る時「シートの変更をおしらせします。」ですか?
「選手の交代をおしらせします。」ですか?
「選手の交代をおしらせします。」を使っているのをよく聞きますが、代打・代走の際にすでに「選手の交代をおしらせします。」なのにと。
----- 
「選手の交代」が使われることが圧倒的に多いのですが、私は「シートの変更」と書いていました。 「選手の交代」と言われると、代打に代わって別の選手が入るのだな、と思ってしまいます。もっとも、「シートの変更」では、複数の選手の守備が変更されるのだな、と思ってしまいますが…。
打順表の3要素は、(ア)打順、(イ)シート、(ウ)選手です。 (ウ)が変わるなら「選手の交代」ですし、(イ)が変わるなら「シートの変更」が“正しい”はずです。まあ、代打や代走は厳密には「シート」ではありませんけど…。 「選手の交代」も「シートの変更」も、どちらも言わないという選択もありそうです。
=====
守ります○○チーム、先ほどの回に代打いたしました○○君がそのまま○○に入ります。
=====
そんなに違和感はありません。これが一番しっくりくるかも…。というわけで、そのように書き換えました。
07年9月当時はなかったはずですが、今検索してみると長崎県高野連が「高校野球アナウンスマニュアル」をPDFで公開しています(頁末リンク2)。7ページの「§イニングチェンジ後の交代」の1には「選手の交代をお知らせします」とあります。

このマニュアルは「阪神甲子園球場 場内アナウンスマニュアル《高校野球編》」と題されていて、長崎県高野連が独自に作成したものではないようです。ヘッダに「jtd」の拡張子が残っていることから、おそらくは90年代以前に教育現場で作成されたものであろうという想像はできます。

07年当時、YouTubeはすでにサービスを始めていましたが、動画投稿サイトはまだそれほど一般的ではありませんでした。絶対にあるはずだと確信をもって検索してみたら、すぐに見つかりました(頁末リンク3)。このケース、プロ野球のアナウンスではやはり省略するようです。

【外部リンク】
E-Joy!野球場内アナウンス
長崎県高野連>規則>高校野球アナウンスマニュアル
YouTube>ドアラ 09.09.28 ダンス後のアナウンスに場内どよめく

コメント

  1. プロ野球で「シートの変更」というのを聞いたことはありませんが……
    (私は高校野球で初めて聞きました)

    返信削除
    返信
    1. 「選手の交代」か「シートの変更」か、どちらかを必ず言わなければならないのなら、「シートの変更」のほうが妥当だろうと思いますが、どちらも言わないのが美しいですね。「E-Joy!野球場内アナウンス」のマニュアルでも省略になっています。高野連さんのマニュアルに無理がありそうです。

      削除
  2. ごめんなさい、プロ野球でも「シートの変更」と言っていました。
    http://www.youtube.com/watch?v=Wj8n2qSM98Y (2012/9/12 ヤフードーム)
    http://www.youtube.com/watch?v=53oDOyEkDas (上の動画をもとに電光掲示板を再現)
    このときは投手を含めて6人が入れ替わる複雑なケースだったのですが、
    「ホークス、選手の交代、ならびにシートの変更をお知らせいたします。」とアナウンスしています。

    返信削除
  3. このような大規模な交代はアナウンスのとおり「選手の交代ならびにシートの変更」です。

    質問者が想定しているのは、代打Aが起用されて攻守交代となり、その選手が代打を出された選手のポジションを受け継いで守備につく(他の交代はない)という、ごく単純なケースです。

    「選手の交代をお知らせします」は選手が交代していないのだからおかしい。
    「シートの変更をお知らせします」は変更がないのだからおかしい。
    ではどうすればいいのか? →どっちも言わないほうが丸く収まる、ということです。

    まあ、高校生向けのマニュアルは、あくまでも高校生が対象なのであって、そこに完璧を求めてはいけないのかもしれません。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

オランダ揚げとは

暴力団抗争マップ